はてな→Wordpress移行作業中

伴侶の条件_思考について

生活と惚気

伴侶は、相当に人間として強い人がよい。
いろんな強さがあるので、どういう強さがどの程度ほしいの?という分析をする。

※ハビーを褒め称える記事です。本題は最後の惚気となります。ご了承のうえお読みください。

わたしの特性

私はデカい態度を取ることに長けている。
人間全体で見ると主張のハッキリしているほうの人である。

意見は内容だけでなく温度感まで伝わらなければ意味がないと思っているので、良くも悪くも自分と相手の身分差や年齢差を考慮せずにものを言う。外見がチビな女なので、仕事プライベート問わずナメた態度で接してくる他人が多いけど、3分くらいで姿勢と口調を改めてくれることもそこそこある。

日本人は比較的、その意見を「議題に対する意見」ではなく、「伝える相手に対する直接的意見」と捉えがちなので、

その話題について否定的な意見を言われた

自分は嫌われているのだろうと思い込む

みたいなことが起こりがちな人も一定数いると思うが、こんなのは主語を正しく捉えられておらず解釈を誤っているだけだと思っているので、なるべく主語を明確にして話をするよう心がけている。

「いまからコレについての意見を言いますよ」と冒頭に宣言するだけでも、十分に相手の勘違い回避をすることができるなと感覚的には思っている。そしてこれで回避できなかった場合、相手は精神状態が100%良好な状態ではない(疲れてる、眠い、直前に嫌なことがあって機嫌が悪い等である)か、あるいは頭が悪いかであると思っている。

求める思考の強さ基準

つまり、私はこういう思考回路なので、いちいち主語を勘違いしてメンタルにダイレクトアタックを自ら受けに行くようなタイプは伴侶にできない。

意図せず心をボコボコにしてしまう。
知らないうちに攻撃してる。
それは、よろしくない。相性が悪い。

普通に生活していてもメンタルをボコさずに済むような思考回路をデフォルトで持ってる人、これが伴侶の条件となる。

主語を正しく捉え、意見の聞き方をわきまえており、否定的な意見であっても「自分のことが嫌いで憎いからではなく、ただ感じたこと考えたことをアウトプットしてるだけ」という姿勢で常に話を聞いてくれる人でないといけない。

デフォルトでこの姿勢を取れてる人でないと厳しい。そういう思考をするよう努力します、の姿勢ではおそらく足りない。

意見を考察する能力

さらには指摘されたあと、それについて一瞬考察した上で「それは正しい、納得できる。」「この部分が納得いかない」「こういう考えはどう?」などを判断するステップが踏めることも必要になってくる。

『意見を1回受け取って、
手のひらでコロコロ転がしてみて、
ちょっと様子を見て
食べるか、調理するか、返すか等を
考える。』

当たり前のことではあるが、「話は聞くけど理解しないしアクションも起こさないまま流すのみ」では全く意味がない。

全部受け入れろという意味ではない。何も見ないまま流さずに、何をするにしてもその理由を述べられる程度にまずは見てみようということである。

コミュニケーションとれない人、世の中結構たくさんいますね。

いろんなタイプがおりますが、その中にはおそらくこれができないパターンの人が一定数いると思っている。相手の言ってる意見より、自分の中で持っている元々の考え価値観が優先されてしまって意見を聞き入れられないとかもありますよね。

(自分のことブスだと思い込んでるために、可愛いという褒め言葉を上手に受け取ることができない、みたいな。)(昔に身に着けた自分のやり方が100%正しいと信じて疑わず、最新の子育てTipsを受け入れられないババアとか。)

大人になってからこれを矯正するのは、とても大変。
できなくはないはずだが、気づくまでも、気づいたあとも、矯正するにも物凄く労力が要る。

でも気づけただけで、ものすごいことだと思う。
生きてる中でそれに気付ける経験をしただけで大きいことである。

人類、死ぬまで成長しろ。

惚気話(本題)

先日、キッチンでハビーが洗い物をしたときにこんな指摘をもらった。

「食器にラップをつけたままシンクに置かないでほしい。」
「置くときにラップは外してゴミ箱へ捨ててほしい。」
「特にラップに油汚れがついている場合、洗うときに外す作業をしているとそのたびに手に油がついてしまい、萎える、かなしくなる。たぶん俺もいつもこれやってるんだけど、今後やらないように俺も気をつけるから。」

小さい指摘であるが、交際4年、結婚して4年、合計8年一緒にいる仲でも、普通にこういうことが言えて、ごめんね確かにそうだよね気をつけよう!っていう会話ができる関係、最高に過ごしやすくて、自慢の伴侶〜!と思いました。

おおよそ毎日思ってます。
ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました